古銭買取のデメリット、持ち込む店舗で違う事

コインショップとリサイクルショップ

コインショップでの古銭買取のデメリットは、手間と時間が売りたい古銭の持ち運びにかかる事です。コインショップは全国的に店舗が限られています。このショップの鑑定士は、目利きが高く信頼出来るのですがアクセスが非常に不便です。金貨や銀貨は貴金属なので、これらの古銭の量が多い場合は持ち運びが重くて大変です。そして買取可能な古銭の種類がこのショップは限られているので、事前に自分で買取可能か不可能かを選別する手間が掛かります。このショップで買取が難しいのは寛永通宝や銅貨、記念硬貨や近代銭、プルーフ紙幣やミントセット等です。 古銭をリサイクルショップに売る場合のデメリットは、このショップのスタッフは殆ど古銭の鑑定眼が無いと言う事です。このショップは多品目を取り扱っています。しかし買取を専門とするプロがいない場合が大半で古銭の査定も同様です。古銭のプレミア度は、古紙幣なら数字のゾロ目や印刷違いで買取価格が違います。穴銭のプレミア度も、刻印されている漢字の払い棒や跳ね方で買取価格が違います。古銭は評価点と査定で見るポイントが多岐に渡るので、専門知識や長年の経験を持つ鑑定士に鑑定して貰う事が重要です。なのでこのショップに古銭を持ち込めば、適切な買取価格では無く安い値段で買取られてしまう事が殆どです。自分の古銭の価値を知る為にプロに査定を受けるのもお勧めです。只古銭業者は買取る業者によって、査定額に差が出る事がある事を知っておきましょう。