古銭の種類と価値を判断するには買取査定が最適

古銭には多くの種類がある

日本では、現在に至るまでに多くの古銭が作られてきました。コレクターに人気のある古銭の代表には寛永通宝がありますが、実に数千もの種類があると言われています。寛永通宝は1626年に初めて通貨として流通しましたが、その期間は約240年とされています。時代を経るに従って、書体や文字の大きさといった、異なる形のものが製造されてきたため、多くの種類のものが古銭の専門店で見受けられます。トメやハネ、ハライといった微妙な外見上の違いであっても、価値や買い取りに関係する価格が異なってくることもあります。査定価格が30万円以上にもなるものがある一方で、模造品も出回ることがあるため、買取専門店での査定を行うことが重要です。

価値と種類を見分けるには買取時の査定が一番

寛永通宝などの古銭については、数千もの種類があることからも分かる通り、全ての価値を見抜くことは困難とされますが、見分けることが簡単なものも事実存在します。古寛永銭と新寛永銭の2種類がありますが、外見上での共通点としては、丸い形をしており、中心部が四角く切り抜かれています。上から右回りに、寛、通、永、と書かれており、「賽」の貝の部分が、古寛永銭ではス、新寛永銭ではハとなっていることが特徴です。「賽」という漢字の後ろ足が長く垂れ下がっている状態や、四角の穴よりも低い位置に「通」が書かれている状態などの違いは、素人でも見抜くことができます。 これ以外にも多くの外見上の違いがあり、それらを見分けるのは素人では困難なケースが多いです。金額的な価値も含めて、査定で判断することが無難です。